3/10 公明党福島復興加速化会議に出席

公明党の山口那津男代表は3月10日の午後、福島県郡山市で開かれた同県本部(代表=若松謙維参院議員)の復興加速化会議で「被災者が『心の復興』を成し遂げるまで寄り添い続け、復興への道のりを共に歩んでいきたい」とあいさつしました。私も出席させていただきました。

山口代表は、3月11日で東日本大震災から丸7年を迎えた被災地の復興に向けた政治の役割について、「前向きな視点を打ち出し、具体的に実行していくことが大事だ」と強調。公明党が推進してきたロボットなどの新産業を生み出す「福島イノベーション・コースト構想」が着実に進んでいることに触れ、地元の雇用創出、活性化につながっていくと訴えました。

今後の復興への取り組みについては、2020年度までの復興・創生期間で復興へ総力を挙げるとともに、被災者の不安な気持ちを払拭するため、その先を見据えた方向性を示していくことが大事だと述べました。

会議では鈴木正晃副知事が来賓代表としてあいさつし、県内7市町の首長が復興へ向けた支援を要請。原発廃炉に向けた安全確保や、専門知識や技能を持った人材確保への人的支援などの要望が出ました。

関連記事